しゃぶしゃぶの人気レシピ|付け合わせの野菜やだしの作り方

MENU

値段を気にせず楽しめる、温野菜で低カロリーなしゃぶしゃぶって?

しゃぶしゃぶは温野菜を豊富に摂れる上に低カロリー、でも外食する時には値段が気になる、という人が多いのではないでしょうか。
しゃぶしゃぶでも、食べ放題を行っているお店は多くあります。
また、家で楽しむ場合にも、牛肉と豚肉を半分づつくらいで用意しておけば値段をぐん、と引き下げることができます。
豚肉は疲労回復、ビタミンB1の摂取にも活躍してくれる上に、カロリーも牛肉より低いという美容健康の味方になってくれる食材です。
温野菜は体にいいとわかっていても、調理がめんどくさく感じてしまうところがあります。
煮る・蒸すという手間を考えるなら、しゃぶしゃぶは手間を省けます。
ガスコンロを用意して家族で囲む、という方法もありますが、卓上コンロがないのであれば、キッチンで調理したものを食卓に運ぶのも一つの方法です。
特に、お子さんのいる家庭では、食卓で火を使うのは怖い、というところもあると思うので、調理済みのお鍋を運んでみんなでつつくというスタイルも試してみるのがいいでしょう。
お子さんは野菜を嫌がることもありますが、温野菜にすることで、甘みが増して、ゴマだれの味付けが気に入る子もけっこういます。
大人にとってはカロリーを気にしつつ値段も抑えられるお手軽料理な上に、健康的でもあるので、工夫次第でみんなで楽しめます。

 

 

しゃぶしゃぶと鍋との違いは何?

しゃぶしゃぶと鍋の違いは、使用する鍋が大きく違います。
しゃぶしゃぶ用は、中央に穴が開いています。
しゃぶしゃぶ用は、普通の鍋と違い、熱が鍋の外側を通らずに、穴の開いたほうを通って熱が放出されます。
そのため、手を近づけても熱くなりにくい特徴があります。
さらに、中央の穴を筒型にすることで、お湯との設置面積が広くなり、出汁の温度が下がってもすぐに温まるメリットがあります。
他にも、筒の部分で水切りもできるため、タレが薄くなりにくいメリットもあります。
中に入れる具材にはそこまで大きな違いはありませんが、鍋は具材を全部入れることに対して、しゃぶしゃぶの場合は、食べる直前まで具材には火を通さないため、すぐに火が通るように肉は薄く切られています。
肉の種類は、豚肉や牛肉だけでなく、鶏肉や羊肉、フグやタコ、カニなどの魚介類を使用するところもあります。
シンプルに軽く火を通すことで、甘味が凝縮されるため、肉だけでなく野菜もおいしく味わうことができます。
さらに、沸騰したお湯に肉をくぐらせることにより、余計な脂肪分がとれ、ほかの肉料理に比べるとカロリーが控えめです。
野菜も一緒に食べることで、栄養バランスにも優れた料理になります。

 

 

豚のしゃぶしゃぶ人気のレシピのご紹介

鍋のレシピでも人気なのが豚のしゃぶしゃぶです。
しゃぶしゃぶは薄く切った豚肉を煮えたった出汁汁に数回くぐらせて加熱し、野菜や豆腐などの食材を煮込んだものと一緒にタレをつけて食べる料理です。
ヘルシーなレシピが多く、野菜がたくさん取れるので、体にも嬉しい人気の料理です。
しゃぶしゃぶはタレはポン酢やゴマダレで食べるのが主流です。
お店でも手軽にタレは売っていますし、自分で手作りする方も多いようです。
豚肉と一緒に食べる野菜ですが、白菜はお出汁がよく染みて甘みが出るので人気ですね。
白菜にはビタミンCも多く含まれているので風邪予防にもおすすめですし、長ネギも定番ですが、薄切りで入れるのも美味しいですよ。
薄切りすることでより甘さを感じることができますし。
またサラダでかかせないレタスも意外と合います。
さっと湯通しして食べるのがおすすめです。
ポン酢に入れれば美味しい大根おろしの大根は千切りや薄切りにして鍋に入れると美味しいです。
他にもニラは血行を良くする働きがあるので冷え性の方におすすめですし、低カロリーで美味しいのがキノコ類です。
とくにマイタケやえのきは食感もいいですし、スープにこくがうまれます。
お出汁のレシピは昆布やかつお節、に酒や塩を加えるのがおすすめです。

 

 

昆布だしの作り方はどうしたらいい?

しゃぶしゃぶの昆布だしの作り方は、簡単です。
1度作り方を覚えてしまえば、自分好みにアレンジすることもできます。
しゃぶしゃぶ用のだしは、インスタントも売っていますが、自分で作る方が美味しいです。
だしに含まれている旨味成分によって、塩の量を減らしても食事を美味しく食べることができます。
そのため、しゃぶしゃぶは減塩したい人にも適しています。
昆布に含まれているヨウ素は、肌の代謝を向上させるので、肌の美しさを維持するのに役立ちます。
使用する昆布は、自分の好みのものを使います。
だしの作り方は、まず、かたく絞った布巾で昆布を拭いて、キッチン用のハサミで切り込みを入れます。
切り込みを入れることで、さらに旨味が出ます。
鍋に水と昆布を入れて1時間おき、鍋に火をかけます。
そして、60度の温度にして1時間そのまま煮たら完成です。
温度が60度以上になる場合は、火を止めて温度を調節します。
だしは、粗熱が取れたら、すぐに密封容器に移して、2日から3日で使い切ります。
すぐに使わない時は、冷凍して、2週間以内に食べきることが大事です。
上手にできれば、香りが良く、グルタミン酸の旨味をしっかりと味わうことができます。
しゃぶしゃぶに使えば、他の食材と合わさって、さらに深みのある味になります。

 

 

料理でしゃぶしゃぶを作るときの付け合わせの野菜は何がいい?

料理でしゃぶしゃぶを作るときの付け合わせの野菜には、様々なものがあります。
代表的なのが、白菜です。
白菜は、鍋料理の定番と言われている野菜で、出汁がしみると甘くなり、さらに美味しくなります。
白菜は、美味しいだけでなく、ビタミンCやカリウムなどの栄養も豊富です。
ビタミンCを摂取すると風邪の予防にもなり、カリウムは体の余分な水分を体外へ排出してくれます。
薄く切ったネギも、しゃぶしゃぶの付け合わせとして定番の野菜です。
長ネギを普通に切って入れても美味しいのですが、薄く切って食べる人も少なくありません。
冷え性の人に人気のしゃぶしゃぶの付け合わせが、にらです。
にらは、栄養価が高く、様々な日本料理に使われる万能野菜です。
血行を良くする働きがあるので、冷え性の女性に適しています。
中高年に人気がある野菜が、春菊です。
春菊はカリウムが豊富なので、高血圧症の予防効果も期待できます。
付け合わせでは、キノコ類の人気も非常に高いです。
キノコの中でも特に人気なのが、マイタケです。
マイタケは、免疫力を向上させる働きがあるため、冬の鍋料理に使われることが多いです。
ただ、マイタケを長く煮込むと栄養が溶け出してしまうので、煮込み時間には気を付ける必要があります。

 

 

かにしゃぶという手もあります

しゃぶしゃぶにも色々ありますが、かにしゃぶをするという手もあります。
かにしゃぶをするためには、カニを手に入れる必要があります。
簡単に手に入れる方法としては、通販サイトを利用するというのがありますので、カニ通販について書いてあるサイトを紹介しておきます。

 

かに本舗(蟹本舗)通販のカニとおせちの評判

 

このサイトでは、しゃぶしゃぶの人気レシピ|付け合わせの野菜やだしの作り方について紹介してくれています。

 

匠本舗【かに本舗】は、かにしゃぶやたらば蟹、おせち、明太子、貝などを中心としたかに通販の有名な専門店です。
そして、産地直接買い付けを行うなど、私達の目や舌に代わって味や品質し、価格に徹底してこだわって厳選食材を提供してくれている通販店です。
蟹、特にかにしゃぶなどを中心に、おせちや梅干し、明太子なども取り扱っています。
このサイトでは、その、スカイネットの 匠本舗(かに本舗)の公式サイトを紹介していますので、間違いなく、安くて安心!です!!!